使えば安心ジスロマック

クラミジアは最も感染者の多い性病で、自覚症状の少なさが感染拡大の理由になっています。いち早く薬で治療をせねばならない症状です。

クラミジアとは?またその治療薬について

クラミジアとその治療薬

性病には多くの種類があり、その中でも圧倒的に患者数が多いのはクラジミアです。男女ともに掛かる病気ですが、その中でも特に女性の感染者が多いのも特徴の1つです。なぜなら、クラミジアは症状が出にくい性病としても有名なため。男女とも感染に気付かない事は多いのですが、男性の場合だと尿道から膿が出たり、痛みが発生したりするので感染した事が比較的には分かりやすいようです。一方女性の場合は痛みなどが全く無く、感染していても気付かない事が非常に多いのです。

国内でクラジミアの感染者は推定で100万人以上が感染していると言われています。先述した自覚症状の少なさで、クラミジアにそのまま気付かず放置したまま不特定多数と性行為に及び、多くの人に感染させてしまうというケースが多いのです。しかもそのまま放置しておくと、前立腺炎や不妊症、子宮外妊娠を併発するリスクがあります。

そして免疫が後退しているせいもあり、他の性病に感染する確率も3~5倍に上がるといわれています。HIV(エイズ)への感染率も高くなるので、気をつけましょう。性器などに違和感を感じた場合は、できるだけ病院などで検査をしてもらった方がいいでしょう。

クラミジアに感染する原因

クラミジアに感染する原因

主に性行為によって感染する事がほとんどです。粘膜同士の接触、精液や膣分泌液が体内に入る事で感染します。粘膜同士の接触した時点で感染するので、ディープキスなどでも感染する恐れがあります。

感染経路

感染経路は多く、唇、舌、口の中、のど、鼻の中、耳の中、まぶたの裏、亀頭、膣、肛門と様々あります。クラミジアは非常に感染しやすい性病です。感染者との1回の性行為で感染する確率は50%ととても高い数値を出しています。またクラミジアに感染している男性とのオーラルセックスで喉へ感染してしまうケースも増えています。

咽頭クラミジアが増加中

クラミジアが喉に感染した場合は咽頭クラミジアといいます。症状としては喉の痛み、不快感などあり、風邪と間違えて一向に治らなくて、病院を受診したら咽頭クラミジアだったという話は少なくありません。咽頭クラミジアには、男性の性器に発症したクラジミアが女性の喉に感染する場合と、女性ののどに発症したクラジミアから男性の性器に感染するといった二通りのケースがあります。 性器クラミジアに発症している女性の2割程度は咽頭にも発症していると言われています。

クラジミアの症状

クラジミアの症状

男性と女性とでは症状の出方が違ってきます。一般的に症状が出づらくて、感染してる事が分かりにくい性病です。しかし、男性の場合は尿道から膿が出たり、痛みがあったりなどするので、自覚症状は女性と比べるとあるにはあるのですが、女性の場合は自覚症状がほとんどない場合が多いのです。

異変としてはおりものが多くなる、膣のかゆみ、臭いなどがあります。男性と違い、女性の場合は痛みがなく、軽度な症状ばかりなので、とても分かりづらいのです。クラミジアを放置していると不妊症になるリスクがあるので少しでもおかしいと気付いたら、早期治療をするようにしましょう。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの潜伏期間

多くの人が感染している性器クラミジアですが、潜伏期間が長いという事が感染者が多い理由の1つとなっていると言われています。潜伏期間が長いという事は、クラミジアに感染したからといってすぐに発症するわけではないという事です。クラミジアの潜伏期間は「1~3週間」と言われています。

潜伏期間が長いので、どのタイミングで自分が感染したのかが分からなくなるのです。そして、潜伏期間中でもクラミジアは感染する恐れがあるのです。それはクラミジアの潜伏期寒中は、ただクラミジアの症状が出ていないだけであって、既に体内にはクラミジアの菌が増殖しているからです。

クラミジア以外にも感染者の多い性病

クラミジア以外にも感染者の多い性病

クラミジア以外にも淋病・性器ヘルペス・梅毒などの性病があります。クラジミア同様に感染者が多い性病です。クラミジアに感染しているとこれらの症状にも感染しやすくなります。いずれにしろ性病は早い期間に治療をしなければならないのです。

梅毒

他の性病とは違い、段階的に病状が進行していく事が特徴的です。その段階は一期、二期、三期、四期と分かれています。四期にまで進行してしまうと最終的には死亡してしまいます。症状として男性の場合は陰茎や唇で女性の場合は大陰唇、小陰唇、唇、口の中、肛門にシコリ、アザ、ぶつぶつができます。発症原因は主に性行為から感染します。

淋病

淋菌が原因となり発症する性感染症です。感染率も高く、クラジミアも同時に感染する場合が多くみられます。膣から子宮辺りに炎症を起こし、おりものの増加、悪臭などの変化があります。自覚症状がない所もクラジミアと似ている性感染症です。そのため気付きにくく、性行為に及んでしまい感染を広げてしまうのです。

性器ヘルペス

性器ヘルペスも感染者が多いメジャーな性病の1つです。最初は感染部位に水ぶくれが出来て、つぶれて、ただれたような跡が残ります。病状は男女で異なり、女性の場合は膣の入り口、肛門などに多く、子宮頸管や膀胱まで感染が広がる場合があります。男性の場合は亀頭、陰茎体、太もも、お尻、肛門周辺に多数の水ぶくれが出る場合が多いです。性器ヘルペスは治療により完治してもウィルスは潜伏しており、ストレス等などによる免疫力の低下で再発するリスクが非情に高い性感染症でもあります。

クラミジア治療薬のご紹介

これらの性病の治療に用いられるのが抗菌薬や抗生物質で、もちろんクラミジアの治療薬もそれらに当たります。その中でもよく使われている2つの薬をご紹介しましょう。

クラビット

クラビット

クラミジアはもちろん、淋病にも効果を発揮する特効薬の1つがクラビットです。ニューキノロン系の抗菌薬です。性病治療だけではなく、あらゆる感染症に有効的な薬です。とても幅広い分野の感染治療に用いられます。

ジスロマック

ジスロマック

続いてはジスロマックです。マクロライド系の抗生物質で、医師も薦める治療薬です。こちらもクラビット同様に幅広い分野で活躍する抗生物質です。クラミジアにとてもよく効き、少ない服用回数でも治療が行えるため人気があります。後程ご紹介する通販では、ジェネリックも購入が出来ます。

クラミジア治療薬の通販

これらの治療薬は通販で購入する事ができます。インターネットの普及、そして流通の発展により病院に行かずとも、通販で誰にも知られずにこれらの治療薬を購入する事ができます。自身で症状を把握し、どんな性病に感染しているか分かれば、病院に行かずとも治療薬を手に入れる事ができるのです。

しかも、病院で処方してもらうより、安く入手する事ができます。病院での処方となると、薬代の他に・検査料・診察料もかかってしまい、細かく言うと通院に掛かる交通費も掛かってしまいます。通販で購入する事で通院の手間も掛からないし、診察料も交通費も掛けずに購入する事ができるのです。通販なので24時間、いつでも注文、購入する事ができます。

おかしいと思ったらすぐに対応を

おかしいと思ったらすぐに対応

女性の方が感染しやすく、男性は低い傾向にあります。特に女性はこれらの性病に感染すると不妊症の原因にもなるため注意が必要です。日本は特に世界の先進国から見ても性感染症に対する予防意識が薄いと指摘されます。若い人の性交経験は増える一方で、それはほとんどが無防備な状態でセックスが行われています。

クラミジアをはじめとする性感染症の予防のためにも性に対しての意識を高める事が必要です。性病検査キットなども通販でも購入する事ができるので、違和感を感じた場合は検査しておくことをお勧めします。そして万が一クラミジアに感染していたときには治療に専念し、一切性行為をしないようにしましょう。