使えば安心ジスロマック

クラビットはクラミジアはもちろん、他の感染症に広く用いられている抗菌薬です。とても使いやすくクラミジアにも良く効きます。

クラビットとは?

クラビットとは

レボフロキサシンを主成分とするニューキノロン系の抗菌薬です。第一三共から販売されています。日本国内でも様々な医療分野で活躍しています。感染の原因である菌のDNAが複製をするのに重要な酵素を阻害し、菌が増殖するのを抑えてくれる効果があります。直接的に菌に働きかけるわけではないので、他の部分に対して影響が少ないために、副作用が比較的に少ない安全な薬とされています。

クラビットの効果

クラビットの効果

クラビットは様々な最近に対して有効的です。特にクラミジアには有効的です。クラビットでのクラミジア治療率は98%非常に高い数値が出ています。また性病の他にも、呼吸器の感染症、皮膚の感染症、耳鼻領域の感染症などでもよく用いられます。クラビットは作用が強く確実な治療ができる事でもよく知られています。

インフルエンザなどのウィルスにも使用される場合があります。治療目的としては使用されませんが、二次感染、またその予防にも使用される場合があります。日本国内では抗菌剤として最も多く使用されています。ジスロマックと比べると効果は劣るとは言われていますが、クラビットは抗菌範囲が広いという特徴があるのでより多くの症状に効果を発揮します。

服用方法

以前は100mgを1日3回、服用していたのですが、現在では、ジスロマックと同じで1日500mgを1回、服用するだけですので、飲み忘れをする事がありません。服用方法は特に決められた時間はありませんので、いつ飲んでも大丈夫です。飲み忘れがないように、昼食後や夕食後の服用だと飲み忘れが起こりづらいのでお勧めします。

副作用

副作用

クラビットは極めて安全性の高い薬と言われており、副作用は稀だとされています。しかし、全く副作用がないというわけではありません。体質やその状況により起きてしまう可能性があるためです。考えられる副作用の症状は以下となります。

副作用については、どれも軽度なものです。もし、副作用を強く感じた場合は服用を中止し、医師、または薬剤師に相談するようにしましょう。

注意する事

飲み合わせについていくつか注意点があります。マグネシウム、アルミニウム分が配合されている制酸剤(主に胃腸薬)と飲み合わせた場合は効果が弱まる場合があります。クラビットは基本的に禁忌の薬はありませんが、他の薬と服用する場合は服用間隔は、最低でも2時間は空けるようにしましょう。

アルコールは控える

また飲酒時の服用はなるべく避けるようにしましょう。抗生物質は肝臓で分解され、体内を巡ります、しかし、飲酒をしていると肝臓は抗生物質ではなく、アルコールを分解するので、抗生物質は高い濃度で体内を巡ってしまうようになり、強い副作用を発生させてしまう恐れがあります。なるべく服用する際は飲酒は避けるようにしましょう。

体質によっても注意

またクラビットの成分に対して、アレルギーを持っている人は、服用を避けましょう。もし、アレルギーがある場合は医師、薬剤師に相談しましょう。アレルギーがある場合はけいれん、意識障害、アナフィラキーショックを引き起こす可能性が高まります。

クラミジアの治療にクラビットは大変に効果の高い薬ですが、自己判断でもう治ったからと言って、薬を飲み残すことはしないようにしましょう。きちんと最後まで飲んでおかないとクラミジア菌は完全に消滅していない場合があり、菌は耐性をつけ更にひどい症状を招いてしまう恐れがありますので、飲み忘れ、勝手な自己判断で投薬を中止する事はしないようにしましょう。

レボクインについて

レボクインについて

クラビットのジェネリックです。主成分はクラビットと同じレボフロキサシンです。レボクインはクラビット同様に様々な医療現場で活躍します。クラジミア、淋病をはじめとする性病にも、また咽頭炎、扁桃腺炎などの耳鼻科関連も、気管支炎、肺炎など呼吸器官の治療など、大変な万能薬とされています。そしてニキビ治療にも使用される場合もあります。

レボクインは病院では処方されていない薬です。海外医薬品の通販でのみ購入する事ができます。1錠辺り、90円前後です。とてもお求め安い価格で購入する事ができるため、人気の高い商品となっています。

通販での購入方法

通販での購入方法

クラビット、レボクイン、ジスロマックなどの抗生物質は病院で処方してもらうか、または通販で購入する事ができます。病院での処方だと薬代の他に、診察料が掛かるので、治療の費用が高くなってしまいます。クラビットを病院で処方してもらう場合は3割負担の治療は受けられますが、診察費、治療費と薬代以外にも費用がかかります。

できるだけ費用を抑えたい人は通販で購入する事をお勧めします。いつでもインターネットが出来る環境があれば注文できます。通院にかかる手間も通販でしたら解消する事ができます。性病は、いつ掛かるか分かりません。クラミジアや淋病などと言った性感染症は潜伏期間なも長いのでいつ発症するか分からないのです。そういった事を踏まえ、事前に薬、検査キットを購入しておくことをお勧めします。