使えば安心ジスロマック

クラミジア以外にも感染者の多い性病があります。症状は様々ですが、いずれも初期症状に自覚症状が少ないという点が共通しています。

感染者の多い性病

感染者の多い性病

性病は性感染症、またはSTDとも呼ばれます。主に性行為により感染する病気のことです。性病の一番厄介な所が自覚症状がないという事です。自覚症状がないために次々と関係した人達に病気を移してしまっているという事が性感染症の今の現状です。現在、日本では性病の感染者数は年々増加していっています。このページではクラミジアを始めとしたいくつかの性病をご紹介します。

クラミジア

クラミジア

性病の中でも一番感染者数の多いのがクラミジアです。男女関係なく、誰でも感染する恐れのある性病です。男女ともに症状の出方には違いがあります。主に性行為やそれに準ずる行為で感染します。飲料の飲みまわしなどでは感染はしませんが、ディープキスならばクラジミアには感染する可能性は極めて高くなってきます。そして日本では10代のクラミジア感染者数の数は世界一だと言われています。

男性の症状

男性の場合は自覚症状がない人も少なくはありませんが、女性に比べると気付きやすいのが特徴です。しかしほとんどは軽い症状なので、そのままにしてしまいがちです。大切なパートナーのためにも異変に気付いたら検査を受け、感染していた場合は速やかに治療を行って下さい。

女性の症状

女性の場合は男性よりも症状が現れ難く、男性以上に感染に気付かない場合が多くあります。とても分かりづらいのですが、オリモノが増える、または性行為後の軽い出血などが初期症状としてあげられます。喉に感染した場合でも風邪と間違える事が多いようです。またクラミジアをそのまま放置すると不妊症の原因にもなりかねません。そして、HIVウィルスに感染する危険性が通常の5倍以上になると言われています。

クラミジアの治療方法

抗菌薬や抗生物質を使用するのが一般的です。特に有名なのがジスロマックやクラビットなどで行います。いずれも良く効く薬ですが、ジスロマックに関しては少ない服用回数ですむため、近年ではよく選ばれています。もちろんクラビットが劣っているというわけではありません。

淋病

淋病

淋菌の感染で起こり、男性は主に尿道炎、女性は子宮頸管炎を起こし、放置すると体内の奥へと感染が広がります。特に女性は感染被害が大きく卵管炎、腹膜炎などを起こします。最近特に多いのがオーラルセックスにより喉への感染が増加しています。淋病も男女ともに自覚症状が少ないために放置し、他の人へ知らないうちに移している事が多い性病です。症状はクラミジアとよく似ており、一見すると見分けが付きづらいかもしれません。

男性の症状

女性の症状

淋病の治療法

静脈注射が主に使われ、特にセフトリアキソンという抗生物質が第一選択になるようです。経口薬ではクラミジアの治療薬であるジスロマッククラビットも有効です。特にジスロマックは効果が高く、クラミジアとの同時感染の多い淋病では良く使われています。

性器ヘルペス

性器ヘルペス

ヘルペスウィルスにより引き起こされる症状です。ヘルペスは2種類あります。主に下半身に起こる性器ヘルペスと唇、顔面などの上半身に症状が出る口唇ヘルペスとがあります。女性は外陰と膣の入り口にかゆみを伴った1~2mmの赤いぶつぶつ、または水ぶくれのようなものが見られます。また子宮頚部にも見られる場合があります。男性は陰茎の先端、包皮、太ももに赤いぶつぶつ、水ぶくれが多く見られます。

男性の症状

女性の症状

性器ヘルペスの治療法

経口薬を使って治療を行います。抗ウイルス薬であるバルトレックスやゾビラックスが使用されており、特に服用回数が少なくてすむバルトレックスの処方が多いようです。水ぶくれが潰れ、細菌に感染しないように軟膏も使われたりします。

梅毒

梅毒

梅毒トレポネーマにより発症する感染症です。主に性行為から感染いたします。妊婦が感染していると、胎児に母子感染する事もあるので妊婦の方はより注意が必要です。そして梅毒の症状は一期から四期まで段階に分かれています。段階を追う後に症状はひどくなり、治りづらくなる感染症なので、早めの治療をするようにしましょう。数年から10数年にも及び、四期にまでなってしまうと死亡してしまいます。江戸時代では不治の病として恐れられていました。

男性の症状

女性の症状

梅毒の治療法

抗生物質として特に有名なペニシリンを使い治療します。ペニシリンが開発されるまでは治療が難しい症状だったのですが、現在では正しく使うことによって完治する症状となりました。ただアレルギーがある場合は他の抗生物質を使わなければなりません。ジスロマックもその内の1つであり、しっかり服用してから医療機関で検査することをおすすめします。

性病検査で感染を防ぐ

性病検査で感染を防ぐ

性病は体に異常が現れるものもありますが、その多くは自覚症状がほとんどないものが多いです。性病に感染した事に気づかないまま、他の人との接触を重ねると、他の人までに感染を拡げてしまう事になります。ここで紹介した性病はごく一部のものです。まだ、他にも性病は数多くあります。ここ最近では10代の女性に急激に広がっています。

性病検査キットを有効活用

女性の場合は特にこれらの性病を放置すると不妊、流産などに繋がっていきます。そうならないためにも、検査を受ける事をお勧めします。もちろん、性病なんて口外する事はなかなかできないものです。しかし、今では誰にも知られずに受けられる性病検査キットがあります。通販でも購入する事ができます。早期発見、早期治療をしましょう。誰かに感染させる前に、大切なパートナーに感染させる前に検査をしましょう。

通販でジェネリックの購入もおすすめです

通販では検査キット以外にジスロマックのジェネリックのAZEE、クラビットのジェネリックのレボクインも購入する事ができます。性病対策として携帯しておくだけでも、それはきっとあなたの未来のためにも役立ってくれる事でしょう。備えあれば憂いなしです。未来のパートナーのために、そして自分のためでもあります。